よくある質問

 
 
  Q:ひば精油とひば水は何が違うのですか?
  A:精油は成分の中に肌に良い成分が多く含まれます。ひば水にも精油と同じくヒノキチオールが含まれますが、その他の成分は精油の方がより多く含まれています。
人体やペットに使用する場合精油、掃除除菌に使用する場合はひば水をお勧めいたしております。また、香料や入浴剤として使用する場合も香りが精油のほうが強いため精油をお勧めいたしております。
 
Q:ひば水は精油を水に溶かしたものですか?
  A:ひば水は精油を水に溶かしたものではありません。
精油抽出過程において発生した蒸気を冷却してできた水分です。
精油は水には完全に溶けません。ひば水は成分にヒノキチオール他を含んだ精油とは違う製品です。
 
Q:精油は赤・茶色・黄色があるようですが何が違いますか?
  A:赤は高加熱でヒノキチオールを多量に抽出した精油です。
主に直接精油として使用するのではなく石鹸やシャンプー等の材料として使用されます。
香りが焦げ臭く、鉄分が含むことがあります。

茶色は抽出後、時間経過が多い場合変色した精油に見受けられます。
容器に入れておいても酸化し茶色く変色します。

黄色は主に精油原液を使用する場合お勧めいたしております。
ヒノキチオールを適量2%ほど抽出し香りにもこだわって抽出すると黄色い精油が抽出されます。
 
Q:ひば水は透明と白濁色があるようですが何が違いますか?
  A:ひば水の場合、抽出時直後は白濁色です。時間経過に伴い徐々に透明化してきます。
鮮度がよいひば水は白濁色をしております。
 
Q:飲料しても大丈夫ですか?
  A:精油原液を飲料することはお勧めいたしません。
殺菌効果が非常に優れている為、多量に飲料した場合、体内の良い菌まで殺菌してしまう可能性があります。
 
Q:果物や木の実などに精油を塗布しても大丈夫ですか?
  A:精油を薄めたものまたはひば水を塗布してもかまいません。
精油及びひば水はりんご樹木の病気予防改善や養蜂のチョーク病予防改善に多く利用されております。
シロアリや蚊、ゴキブリ等の天然成分100%で害のない害虫駆除剤としても利用されております。
 
その他ご質問ございましたら、お問い合わせください。